Re・De Hairdry のテクノロジー

Technology

ヘアドライに最適な
「 髪を傷めない速乾 」

大風速で広範囲の風の流れを実現するため、
スリムな筒型と独自のノズル形状を採用。
風が髪の根元まですぐに届いて、熱負担を
最低限におさえるので、
髪を傷めずスピーディーに乾かすことが
できます。

Airflow Optimization Technology

速く、根本から髪をほぐす風を。
風の流れをヘアドライに最適化する、
独自の形状体現テクノロジー。
健やかで心地のよい、新しいヘアドライへ。

Re・De Hairdry の Airflow Optimization Technology
  • 1

    スリムな筒型形状を採用
    業界トップクラスの風量

    風量3.6㎥/分 ※1

  • 2

    スリムな筒型形状を採用
    業界トップクラスの風速

    風速53m/秒 ※2

  • 3

    Airflow Control Nozzle

    独自のノズル形状により、
    パワフルな風と
    ヘアドライの心地よさを両立。

速乾 × マイナスイオン

50,000,000 個/cc のマイナスイオンを搭載。
風や摩擦で発生する静電気を抑え、潤いを保ったヘアドライで
健康的な髪と頭皮のバランスへ導きます。

風速と風量による 速乾性

50,000,000 個/cc マイナスイオン

潤いを保った
健康的な髪

大切なのは
「 髪が濡れている時間 」 を
短くすること

乾いた髪のキューティクルは閉じています
乾いた髪
濡れた髪のキューティクルは開いています
濡れた髪

髪内部の成分
(タンパク質など)

ヘアケアにおいて最も重要なこと、それは早く乾かすこと。
シャンプー後の髪が濡れている状態は、開いたキューティクルが剥がれやすくとても脆い状態。
湿度により雑菌が繁殖しやすくなるため、
フケやかゆみ、抜け毛、様々な頭皮トラブルを引き起こす可能性も高くなります。

それらを防いで髪の健康を保つためには、
「 髪が濡れている状態をいかに短くできるか 」 がカギとなるのです。

How to

それぞれの髪に、それぞれの風。

Re・De Hairdry 使い方のイメージ画像1
Re・De Hairdry 使い方のイメージ画像2

頭皮を健やかに、髪を美しく保つために
搭載された、5つのモード。
モード別の使い方をご紹介します。

MORE